ダーツライブゲーム

クリケットカウントアップでキャッチを克服!ルール・使い方を解説

「01の練習としてカウントアップは便利だけれど、クリケットの練習には何が有効なの?」

こう思っている初心者の方も多いはず。

実は、クリケットの練習に最適な「クリケットカウントアップ」と呼ばれるゲームがあるんです。

どんなゲームなのか、この記事でチェックしてみましょう!

あわせて読みたい
【初心者向け】ダーツのクリケットを分かりやすく解説!ダーツの王道ゲームといえば、一番にクリケットと01が挙げられます。 でも初心者だと「よーし、クリケットでもやろうか!」と言われても...

クリケットカウントアップとは

クリケットカウントアップとは「クリケットのナンバーにダーツを入れ、カウントアップと同じように得点を稼ぐゲーム」

3本×8ラウンド(全24投)ダーツを投げます。

クリケットのナンバーが得点となるエリアなので、15~20とブルの7か所がターゲットになります。

得点の数え方は、次の項目でご紹介しますね。

ダーツを始めたばかりの初心者だと、クリケットカウントアップの存在自体知らないかもしれません。

でもこのゲームは、日本におけるダーツのプロ団体「JAPAN」プロ試験の実技種目として出題されています。

ちなみに、JAPANにはBDO 2019 LAKESIDE WORLD PROFESSIONAL DARTS CHAMPIONSHIPS(ハードダーツの女性選手の世界大会)でアジア人初の優勝を成し遂げた、鈴木未来プロが所属しています。

好きなプロ選手ができるとダーツがもっと面白くなりますよ。

クリケットカウントアップのルール

クリケットカウントアップでは、ラウンドごとに狙うべきナンバーが切り替わります。

切り替わりは以下のようになります。

1ラウンド目:20
2ラウンド目:19
3ラウンド目:18
4ラウンド目:17
5ラウンド目:16
6ラウンド目:15
7ラウンド目:ブル
8ラウンド目:15~20とブルの全エリア

狙うべきナンバーは、ラウンドが切り替わるごとに分かりやすく光ります。

2人以上でクリケットカウントアップを行う場合は、合計点数の多い方が勝ちです。

ただクリケットカウントアップの場合はカウントアップと異なり、最後に表示される「平均マーク数」も結果として見逃せません。

マーク数は刺さった場所により、変わります。

刺さった場所が15~20、ブル以外           →0マーク
15~20のシングル、またはアウターブル(外側のブル) →1マーク
15~20のダブル、またはインナーブル(内側のブル)  →2マーク
15~20のトリプル                  →3マーク

ブルの場合は1マークか2マークになり、3マークはありません。

1ラウンドにつき、最高はトリプルにダーツを3本入れた場合の9マーク、最低は0マークです。

一方で、点数の数え方は次の通り。

15~20のシングル:数字×1(そのまま)
15~20のダブル:数字×2
15~20のトリプル:数字×3
インナーブル(内側のブル):50点
アウターブル(外側のブル):25点
カウントアップとはちがい、インナーブルとアウターブルで点数が違う点に注意しましょう。

クリケットカウントアップはどういう時にオススメ?

クリケットカウントアップは以下のシチュエーションでオススメできます。

  • クリケットの練習をしたいとき
  • クリケットで苦手なナンバーを知りたいとき

それぞれ、詳しく確認してみましょう。

クリケットの練習をしたいとき

「クリケットの練習がしたいなら、普通のクリケットを一人でやればいいじゃないか」と思うかもしれません。

でも特に初心者の方がクリケットの練習をする場合は、クリケットカウントアップがオススメ。

なぜならクリケットカウントアップでは、ダーツ初心者がやってしまいがちな「キャッチ」がカウントされないからです。

キャッチとは、わかりやすい言い方をすると「まぐれ」です。

たとえば、クリケットで19トリプルを狙っていたとき、キャッチで16のトリプルや17のトリプルに入った場合、「ラッキー!」となりませんか?

でも、これは運であって実力ではありません。

通常のクリケットではこういったことが起こりますが、クリケットカウントアップの場合ターゲットは1ラウンド目が20のみ、2ラウンド目は19のみ・・・と得点になるエリアが限られています。

これならキャッチで得点が入ることはありません。

いかに狙った場所に投げれているか、を正確に知ることができるんです。

クリケットで苦手なナンバーを知りたいとき

クリケットカウントアップでは、最後に表示される画面で各ラウンドの結果を確認できます。

たとえば1ラウンド目の20を狙った時は合計7マークが出ていたのに、2ラウンド目の19では0マークで全くダメだったというのが、一目瞭然。

ここで得た情報を元に、自分の苦手ナンバーを把握し、練習で強化しましょう。

設定方法

1.赤いボタンでフルメニューに行きます

2.PRACTICEのバーになるまで赤ボタンを押します

3.PRACTICE画面で黄色を押します

4.PRACTICE画面のゲーム設定で赤ボタンを一回押します

5.CRICKET COUNTUPにカーソルが合ったらプレイ人数の分黄色ボタンを押して決定です。

(1人→P1の黄色ボタン 2人→P2の黄色ボタン)

さいごに

クリケットカウントアップは、「キャッチで点数を稼ぐのではなく、実力で稼げるようになりたい」と思っているダーツ初心者の方にオススメです。

クリケットカウントアップは毎ラウンド異なるナンバーを狙うので、どれほど狙った通りの場所にダーツを投げられるか、実力を測るのに適しています。

初心者の場合はしばらくカウントアップや01などでブルを狙う練習をし、ブル周辺に投げられるようになってから、クリケットカウントアップで鍛えるのもアリです。

上達の第一歩としてプレイしてみては・・・?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です