ダーツライブゲーム

【初心者向け】ダーツのクリケットを分かりやすく解説!

ダーツの王道ゲームといえば、一番にクリケットと01が挙げられます。

でも初心者だと「よーし、クリケットでもやろうか!」と言われても何も知らないので、戸惑ってしまいませんか。

パーティーゲームは経験済みでも、クリケット未経験の人もいるかもしれません。

この記事では、クリケットをやったことのない人でも分かるように、基本中の基本をご紹介します!

クリケットってどんなゲーム?

クリケットとは、ひと言でいえば「15~20とブルの陣取りゲーム」です。

ラウンド数はダーツマシンや練習用の電子ボードによって異なりますが、たいてい15、もしくは20ラウンド。

先に15,16,17,18,19,20とブルに3本のダーツを入れた人(スリーマークした人)が、そのナンバーを自分の陣地にできます。

ちなみに、そのナンバーを自分の陣地にするには、3通りの方法があります。

  1. シングルに3本ダーツを入れる
  2. 1本目でトリプルにダーツを入れる
  3. 1本シングルに、もう一本はダブルにダーツを入れる

一発目でトリプルにダーツを入れられれば、あとは自分の得点を増やしたり、別の陣地を獲得したりする余裕ができます。

ブルの場合はアウターブルにダーツが入るとワンマーク、インナーブル(インブル)はツーマーク。

したがってブルを陣地にするには、

  1. アウターブルに3本入れる
  2. インナーブルに1本、アウターブルに2本入れる

の2通りの方法があります。

自分の陣地にできたら、4マーク目からは得点が入ります。

一方で、相手の陣地をなくして得点できない状態にすることも可能。

相手の陣地に3本のダーツを入れられれば、そのナンバーは無効となります。

ただし、相手の陣地にダーツを入れても自分の得点にはなりません。

このようにして、クリケットは得点を増やしやすくするために、自分の陣地を増やし、最終的に最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。

究極的には陣地が少なくても、点数さえ相手を超えられていれば勝ち。

01と並び、ダーツの王道のゲームなので、初心者から上級者まで幅広い層の人が楽しめます。

PERFECTやJAPANなど、プロの試合でもクリケットは必ず競技項目に含まれています。

気になる方はプロの試合動画を見ると勉強になりますよ。

クリケットの得点の数え方は?

クリケットはダーツの得点の数え方を知る上でも、とてもためになるゲームです。

15~20の場合はシングルにダーツを当てると、その数字×1となります。

15~20のダブル(外側の輪)に当てると、その数字×2に。

トリプル(内側の輪)に当てると、その数字×3の得点を獲得できます。

たとえば、こんな感じです。

20のナンバーを陣地にできたとしたら、シングルに当てると20点、ダブルに当てると40点、トリプルに当てると60点が入ります。

一方でブルの場合、アウターブルが25点、インブルが50点です。

クリケットの基本的な戦略は?

クリケットの基本的な戦略は、20→19→18→17→16→15と大きな数から狙っていき、最後にブルを狙います。

相手よりも先に20を陣地にでき、相手の点数が自分の点数を超えない限りは、自分の陣地を増やしていきます。

相手の方が得点が上になった場合は、相手の点数を超えるまで自分の陣地にダーツを投げ、得点稼ぎ(プッシュ)します。

初心者の場合は、まずはシングルに入れることを目標にしましょう。

シングルはトリプルやダブルよりもスペースが広いので、ダーツを入れやすいんです。

1ラウンドでシングルに3本入れられたらAフライトレベル、2本入れられたらBフライトレベル、1本以下はCフライトレベルです。

ダーツが上達してきたら、ダブルやトリプルも狙ってみましょう!

クリケットはどんな時に取り組むの?

クリケットはもちろんワイワイ遊ぶ時にも取り組めますが、どちらかといえば

  1. 対戦
  2. 練習
  3. 試合・大会

の時にしっかりと取り組むゲームです。

対戦

一度ダーツバーに行ってみると分かりますが、他の人に対戦をお願いすると必ず01とクリケットをセットで行います。

クリケットは戦略の立て方によって勝敗が大きく分かれるので、人から学ぶことも大いにあります。

初心者のうちはなかなか思う通りの場所にダーツが入らないかもしれません。

そんな時は人の対戦を見ているだけでも勉強になります。

あわせて読みたい
王道のガチ対戦、メドレーについてルールや遊び方を解説!こんにちは、ちゃーりーです。 みなさんは普段どんなダーツゲームを遊ばれますか? 人によってはパーティーゲームを続けたり、練習...

練習

クリケットは一人練習の時もできるゲームです。

「ブルを狙った時のグルーピングはいいのに、他のナンバーを狙うとダーツがバラけて刺さる」

こんな時に、クリケットはいい練習になります。

ひとりで練習する時には、「〇ラウンド以内にすべてナンバーを陣取る!」と目標を定めてみてもいいですよ。

上達してきたら、少しずつ目標のハードルを上げてみて!

試合・大会

一般向けの大会や、ダーツのプロが参戦する試合では、クリケットが競技として採用されています。

それほどにクリケットはスタンダードなゲームです。

クリケットはただダーツが上手いだけでは勝利を逃してしまうゲームなので、プロの試合を見て戦略を身につけるとためになります。

初心者のうちはまずは01でブルに入れることに慣れてから、クリケットに挑戦してみるのがおすすめです。

オーバーキルには気をつけよう

プレイヤー同士が気持ちよく対戦できるよう、初心者でもクリケットのオーバーキルを知っておきましょう。

オーバーキルとは、自分と相手の点差が200点を超えると発動されるシステムのこと。

勝ちたくてつい、得点に余裕を持とうと点稼ぎをしてしまい200点以上の差がつくと、オーバーキルによってそれ以上加点できなくなります。

画面上にはオーバーキルの表示が出て、専用の効果音も鳴ります。

オーバーキルについては意見が分かれるのですが、一般常識としては「相手に失礼な行為」です。

相手にもよりますが、一度やってしまったら悪い印象を持たれてしまう可能性が大きい。

その事実を知ったうえで、相手と気持ちよく対戦できるよう、クリケットに臨みましょう。

さいごに

クリケットはダーツの上手さだけではなく、頭を使うゲームである点が最高に面白いゲームです。

クリケットで色んなナンバーに入れることに慣れたら、ぜひプロの試合動画を見たり、実際に試合を観戦したりして戦略を磨いてみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です