ダーツライブゲーム

戦略の幅が広くて初心者でも楽しい!キャッスルボンバーのルール・遊び方を解説

こんにちは、ちゃーりーです。

僕が初心者の時、クリケットが難しすぎて、「クリケット以外にあっちこっち狙える簡単なゲームないの?」と思っていました。

それが、キャッスルボンバーというパーティーゲーム。

今回はダーツライブのキャッスルボンバーというゲームのルールと遊び方を説明したいと思います!

キャッスルボンバーってどんなゲーム?

スタート画面写真

ゲーム開始にプレイヤー毎に城が与えられます。

相手の色の数字にダーツを当てると相手の城が崩れます。

キャッスルボンバーの勝利条件は、

  • 10ラウンド終わった時点で相手の城を崩すともらえるポイントが一番高い
  • 相手の城を全部崩して王様も倒す

となります。

逆に自分の城壁が全て壊され、王様も倒されるとゲームオーバーになります。

キャッスルボンバーのルールについて

1ラウンド3投を10ラウンド。

相手の色が付いた数字に当てると相手の城壁が崩れ、城壁を一つ崩すごとに1ポイントもらえます。

気を付けたいのは、相手の城の一番上の数字と下の数字では崩れやすさが違うところ。

一番上の数字は1回当てただけで崩れますが、それ以外の数字は2回当てないと崩れません。

基本的に一番上の数字から狙っていきましょう。

全ての城壁を崩すと、兵隊4人・王様1人を倒せるようになります。

兵隊・王様を倒すには、相手の城の番号に当てる必要があります。

兵隊・王様は一人倒すごとに5ポイントもらえます。

最後の王様を倒すと、相手はゲームオーバーとなり、敗北になります。

自分の城が全て崩され、王様が倒されると敗北になるので、気を付けましょう。

自分の城のナンバーを当てると城壁が1個ずつ回復します。

注:兵隊・王様は城壁が回復しても蘇りません

先ほど、一番上の数字以外は二回当てないといけないというルールがありましたね。

一番上以外の数字を一度ヒットすると、相手の城壁に色が付きます。

色が付いた城壁の数字をもう一回当てると崩れます。

そしてなんと!一回ブルを当てると色の付いた城壁は全て崩れます。

ここで注意したいのは、自分の城の色付き城壁も全部崩れるというところ。

一番上の数字のダブル・トリプルに入れると一気に城壁が2つ3つずつ崩れるので、積極的に狙っていきましょう!

また、一番上以外の数字のダブル・トリプルに入れると一気に城壁が2つ3つ色が付きます。

うまく使い分けて戦いましょう!

キャッスルボンバーで勝つためには?

キャッスルボンバーで勝つためには攻めと守りのバランスが肝心。

攻めてばかりだと気付かぬうちに自分の城が崩れていたり、守ってばかりだとスコア差で負けちゃったりします。

相手の城の状況を見ながら守りと攻めを上手く使う必要があるのです。

どんな人向け?

それではキャッスルボンバーはどんな人におすすめなのでしょうか。

基本的には、

  • 普段01とクリケットしか遊ばない人
  • 初心者やはじめてダーツを遊ぶ人
  • 大人数

におすすめしたいパーティーゲームです。

普段01とクリケットしか遊ばない人

通常、01とクリケットでは投げる場所が結構限られています。

キャッスルボンバーの城壁の数字はランダムなので、色んな数字を狙う必要があります。

ダーツではもちろんクリケットナンバーやブルも大事なのですが、それ以外の数字も投げ慣れておくと有利です。

初心者やはじめてダーツを遊ぶ人

基本的に、クリケットが難しい初心者にも向いていると思います。

壁が壊れるエフェクトも爽快感があり、適度な緊張感もありますがパーティーゲームならではの肩肘張らずにプレイできるところが魅力的です。

クリケットのように色んな数字を狙いますが、クリケットより狙える数字が多いので、誰でもプレイしやすいです。

大人数

様々なシーンに応えられるパーティーゲームですので、大人数でワイワイ遊ぶのがオススメです!

通常2~4人でプレイしますが、チームを組めば4~8人でもプレイできます!

個々の技量が試されるゲームになりますが、それぞれのプレイスタイルに合わせ戦略を変え攻略するのもキャッスルボンバーの醍醐味です。

まとめ

パーティーゲームには通常のルールにはない派手なエフェクトと戦略次第でプレイが変わってくるのが魅力です。

キャッスルボンバーは攻めるか守るか、その戦略性が中々面白いゲームです。

色んな数字に投げる練習もでき、みんなで盛り上がれるキャッスルボンバーはプレイヤーを選びません。

ダーツをほとんどやったことがないという人こそ、楽しさを知る入門としてオススメです。

ぜひ、キャッスルボンバーをプレーしてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です