ダーツライブゲーム

ダーツライブアリーナで全国の猛者と勝負!ルールや遊び方を解説

こんにちは、対人戦もオンライン対戦も好きなちゃーりーです。

今回はダーツライブマシンのアリーナというモードについて分かりやすく解説していきたいと思います。

アリーナとは?

ダーツライブマシンのゲームの一つです。

ダーツライブマシンの通信機能により、アリーナゲームにログインしているプレイヤーと自動的にマッチし、701やクリケットのゲームで対戦できます。

ここで「グローバルマッチと何が違うの?」と思った方もいるのではないでしょうか?

違いについては次の項目でチェック!

アリーナとグローバルマッチの違いって?

アリーナはオンライン対戦の一種なのですが、グローバルマッチと異なる特徴が6つあります。

それは、

①遊べる時間帯が限られている
②1対1のみ
③プレイヤーがランダム
④ゲームはランダム
⑤コークを行う
⑥ランク制度がある

です。

ざっと挙げただけでは理解しにくいので、1つずつ説明していきますね。

遊べる時間帯が限られている

通常、グローバルマッチをはじめとしたダーツライブのゲームは、遊べる時間帯が限られていません。

どのゲームも好きな時に遊べます。

しかし、アリーナだけは16:00~26:00という時間の指定があります

1対1のみ

グローバルマッチや他のゲームではダブルスを行えます。

しかしアリーナの場合は1対1のシングルス対戦のみです。

プレイヤーがランダム

通常、グローバルマッチは対戦相手を指定することができるのですが、アリーナでは対戦相手を選択できません。

代わりに自分のランクに合った相手が自動的にマッチします。

ちなみにログインしているプレイヤーが少ない場合は例外。

ランクが大きくかけ離れたプレイヤーと対戦することもあるんです。

ランクについては後述をご覧ください。

ゲームはランダム

通常のグローバルマッチは701・701(ハンデ)・クリケット・クリケット(ハンデ)の4種類から選ぶことができます。

それに対し、アリーナ対戦は701とクリケットの2種類のみです。

ハンデは無し、ということです。

さらに自分でゲームを選択することはできず、1戦ごとにランダムでどちらかに決定されます。

コークを行う

ゲームを開始する前にコークが行われます。

アリーナのコークは少し特殊で、3種類の判定しかありません。

  • インナーブル
  • アウターブル
  • はずれ

通常ですと、ビット数を計算して近い方が先攻なのですが、アリーナではこの判定を基に先攻が選ばれます。

インナーブル>アウターブル>はずれ

当たったエリアで先攻が決まります。

同じ判定だった場合はもう一本投げる必要があります。

ランク制度がある

ダーツライブアリーナでは独自のランク制度があります。

通常のダーツライブレーティングとは異なり、スタッツではなく勝敗がランクに影響します。

勝敗の結果によってパラメーターが動き、パラメーターが落ちればランクが落ち、上がればランクが上がります。

対戦相手のランクによってパラメーターの動きが変わります。

自分よりランクが高い相手に勝つと上がりやすく、低い相手だとあまり上がりません。

ランクにはルーキー、ビギナー、アマチュア、スペシャリスト、マスター、グランマスターがあります。

アリーナ対戦する際のアドバイス

アリーナ対戦では「勝ちを意識すること」がポイントです。

勝ちを意識するのは当たり前じゃないか、と思うかもしれません。

でもアリーナはランクが重要なので、とにかく勝つことが最優先となるのです。

ゼロワンは気にせずシングルアウトを狙い、クリケットで点差が拮抗していればプッシュをしましょう。

そうすることで勝率が上がり、アリーナでランクを高めることに繋がります。

一方通常の対戦などでは、勝ちではなく、「勝ち方」を意識する方がいらっしゃいます。

例えば、01でダブルアウトにこだわったり、クリケットで相手と点数が近くリスキーなダーツをしたりする方が結構います。

ダーツライブはゲームの終盤スタッツに影響は出ないので、ついそういった考えが生まれやすいです。

しかしアリーナでは考え方を変えて、一本目のコークから集中して対戦に臨みましょう!

設定方法

フルメニューを開きます

赤ボタンでグローバルマッチにカーソルを合わせます

黄ボタンで決定

赤ボタンでアリーナを選択

カードを挿入

黄ボタンでスタート!

まとめ

アリーナはオンラインのダーツゲームの中で実戦にかなり近いゲームです。

ダーツに慣れてきて、腕試しをしたい時にはうってつけです。

ぜひやってみましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です