プロライセンス

ダーツプロ(パーフェクト)になる方法①書類審査

こんにちは、ちゃーりーです。

ダーツでプロになるには、基本的に書類審査、筆記試験、実技試験を通過する必要があります。

今回はダーツのプロ資格(PERFECT)を取る第一歩である書類審査について、知識と体験をもとに分かりやすく説明します。

PERFECTの書類審査を受けるには

  • 書類審査書
  • 写真
  • 推薦書
  • ゲームレコードシート
  • 住民票

の5つの書類が必要です。

一つずつ解説します。

書類申請書

書類申請書はWeb上でダウンロードできます。

PERFECTの公式サイトに行き、プロ試験のページを開くと「プロテスト開催スケジュール」が表示されます。

場所・日程を見て都合の良いところを選び、「詳細情報」をクリックします。

そうすると、プロテスト概要とお申込み方法が記載されたページが出てきます。

このページに表示されている「お申込み方法」の(1)書類審査申請書の欄からダウンロードして、印刷します。

参考元:PERFECT オフィシャルサイト

用紙のサンプル↓

参考元:PERFECT オフィシャルサイト

印刷後、

  • 名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、申請日、印鑑
  • 学歴、職歴(アルバイト可)
  • 出身地、利き手、血液型
  • ホームショップ、ダーツ歴、PHOENIXレーティング、過去の主な戦歴

*高校生は保護者氏名と保護者印鑑も必要

といった情報を記入します。

基本的にないものは入力しなくて大丈夫だと思います(過去の戦績など)

すごく基本的なことしか記入しないので、ここで迷うことはあまりないです。

写真

  • たて4cm×よこ3cm 2枚
  • 無帽・上半身
  • 3ヶ月以内に撮影されたもの
  • 裏面に氏名を記入
  • 1枚は「書類審査申請書」に貼り付け、もう1枚はそのまま郵送

という条件で写真を使います。

自分は駅の証明写真機械でスーツ姿で取りました。

一枚は申請書に貼り付け、もう一枚はそのまま封筒に入れて郵送します。

このもう一枚を忘れないようにしましょう。

推薦状

推薦状には、他己推薦と自己推薦の2種類あります。

他己推薦

PERFECTのホームページから他己推薦状をダウンロードし、自分の技術や知識に精通しているPERFECT実行委員の人に渡します。

PERFECT実行委員から封印された推薦状をその他書類と一緒に送ります。

自己推薦

20x20の原稿用紙フォーマットでテーマに沿った文章を書きます。

字数は800字以内です。

2019年5月現在、テーマは「私にとってダーツとは」です。

自分はPERFECT実行委員が知り合いにいなかったので、自己推薦文を書きました。

(恥ずかしながら鏡、細胞、気球など謎の比喩を使い、詩的な感じになりそうだったのですが、)

自分の体験や今後プロになってダーツ業界にどう貢献したいか説明することが重要なので、そういった部分を折り混ぜつつ書きました。

ゲームレコードシート

PERFECTの公式サイトのプロテスト詳細、「お申し込み方法」にあるゲームレコードシートをダウンロードします。

参考元:PERFECT オフィシャルサイト

参考元:PERFECT オフィシャルサイト

この用紙の準備ができたら、PHOENIXのPERFECTテストモードを実際に10回プレイし、結果を記入します。

男子なら501、女子は701ですね。

用紙には、

  • 基本情報(名前、カードID)
  • 結果(実施日、実施店舗、FINISH本数、スタッツ、平均スタッツ)

を記入していきます。

PHOENIXカードを使う

② 書類申請提出日前一ヶ月以内のゲーム結果を記入(それより前はNG)

③FINISHできなかった場合はFINISH本数にXを記入

自分は確か10回中3、4回くらいの成功で、それ以外はXでした。

素直に結果を記入しました。

ちなみに10回を一日で全て行う必要はないようなので、ご自身のご都合に合わせてPERFECTプロモードを受けてみましょう!

住民票

プロテストに合格した場合、プロとして登録されるために住民票が必須です。

住民票を提出するタイミングは自分で選べます。

  1. 申請書類と一緒に出す
  2. プロテスト会場で出す
  3. 合格後に出す

自分は早めに出すのがいいと思ったので、申請書類と一緒に入れました。

ただ住民票の用意に時間がかかりそうなら、書類申請の時点で提出しなくても大丈夫です。

確認

書類審査に必要な書類は全て揃いましたか?

書類が全て揃った後に最終チェックをしたいことを解説します。

書類申請書の記入漏れ

名前、印鑑、住所などは間違っていませんか。

ゲームレコードシートも10回全て記入してスタッツも計算間違いはないでしょうか。

一応確認しておきましょう。

書類は揃っているか

基本的に必須の書類は、

  1. 書類申請書(写真付き)
  2. 写真1枚
  3. 推薦状
  4. ゲームレコードシート

です。

全て揃っているか確認しましょう。

書類申請書の一番下にチェックシートがあるので、それをチェックしながら封筒に入れておくと安心です。

締め切り

当日消印有効ということなので、締め切り日までに郵便局に持って行けば問題ありません。

自分は仕事の関係でかなりギリギリでしたが、大丈夫でした。

「書類を送るのがギリギリになりそうで・・・」と心配な方は、直接郵便局の窓口に持って行くのが確実です。

締め切り日内に郵便局に持って行き、消印がもらえれば有効です。

ポスト投函する場合は、締め切り日より前に余裕を持って入れることをオススメします(ポストの回収時間などの関係があるので)

まとめ

必要な書類と行動を表でまとめます。

書類 行動
書類申請書 PERFECT公式ページでダウンロード後記入、写真一枚貼付
写真 一枚封筒に入れる
推薦状 ー他己推薦

名前と過去の戦績記入→PERFECT実行委員に渡す→推薦状を入れる

ー自己推薦

200x200の原稿用紙に800字以内で作文(自分で用意)

レコードシート 10回プロモードをやって結果を記入
住民票(任意) 住民票を発行し、渡す(試験会場もしくは合格後でも可)

となります。

プロ試験を受けるにあたって大事な受付の書類となりますので、不備に気を付けましょう!

作文もしっかり練って、自分がプロになってからどうしたいか、ビジョンがある程度明確になっていると印象がいいです。

プロ試験を受けるために、書類審査は必須。

やることが多く感じますが、実際は2日あれば全て揃えられてしまいます。

この書類審査を送って無事通ると、いよいよプロ試験を受験する実感が湧きます。

前もって準備をしながら提出してみましょう。

書類が揃っており、推薦文もしっかり書けていれば書類審査はきちんと通るはずです。

PERFECTに書類を送って、試験を受けましょう!

参考元:PERFECT オフィシャルサイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です